お金を貸して、私が返済

ずいぶん前の話ですが、知人にお金を貸して困ったことがあります。

お金を貸して、私が返済

初めは数千円、それはすぐに返してもらえました。そういうことが度々あり、彼女に貸しても返済してくれると思っていました。それが、5万円になり8万円になった頃には、返済が滞っていたのです。そのとき、既に貸した金額を諦めれば良かったのですが、当時は貸さないと返してもらえないという錯覚に陥っていたように思います。最終的には、印鑑証明書と借用書を持参し、私の自宅の玄関で泣いて大変でした。私が根負けすると、ATMで出金するのを待っているという状態だったのです。これを最後に彼女は寄りついてくることはなく、返済を求めると「無いものは返せない」との返答でした。結局、総額で130万円あまり、一部は消費者金融やカードローンからも借りて渡していたので、すべてを私が返済することになったのです。今考えるとすべてが計画的であり、印鑑証明や借用書まで用意するというのは、詐欺に等しいと感じています。当時は、泣き寝入りして自分で返済しましたが、今思い出しても腹立たしく思います。